縫製(宮代会 福祉グループ)

こんにちは!縫製グループです。
縫製と聞くと大変難しい針仕事を想像なさる方々も多いのでは〜。 
まずは活動内容のご紹介をいたします。
宮代会会員有志が集まり、山谷のホームレスの人々の支援でトランクスを作成してましたが、2005年に宮代会より卒業ベアのガウン作成を依頼されガウン作成を始めました。布地の買い出し、型紙を作ってからの裁断。しつけ班とミシン班に分かれての作業。カラー部分には赤、白のバイヤスを付け、ガウン本体と合わせて出来上がり。最近は卒業生の名前入り卒業証書も作成。
着衣戴帽式という日にキャップグループの皆様が心をこめてお作り下さったキャップをかぶり、ガウンを着たベア達は私達の手元から離れ、卒業生の方々の元へと〜。
嬉しさもありますが、ちょっぴり寂しさも感じる日です。
毎年、4月から3月まで縫製グループはこのような活動をしております。
コロナ禍の折、活動回数は昨年、今年は減りましたが、コロナ感染が収束しましたら例年通りの活動を再開したいと思います。
ミシンや針仕事は苦手!と言う方々もお互いにサポートしあい作業を進めております。手を動かしながらの卒業生ならではの楽しいトークもあり、楽しいひと時を過ごしております。
グループ一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

活動場所 宮代会館
毎月第1木曜日
10時半〜16時。
8月はお休み。
尚、山谷ホームレス支援作業については現在休止中。

お問合せは福祉理事へ
miyafkriji@u-sacred-heart.ac.jp