宮代会 福祉グループのご案内

福祉グループ

点訳サークル 友愛セール 拡大写本 拡大図書製本 縫製 ちりつも貯金

点訳サークル、友愛セール、拡大写本、拡大図書製本、縫製、ちりつも貯金の活動をご紹介しております。
各グループともに、メンバーを募集しています。

お問合せ・ご登録は福祉理事へ
miyafkriji@u-sacred-heart.ac.jp

点訳サークル


********************************************


1954年から続く点訳サークルは、諸先輩の方々の熱意を受け継ぎ、
今年で活動68年目になりました


********************************************

私たちのサークルでは、活字を点字に置き換える「点訳」を行うことで依頼された書籍の内容をできるだけ忠実に点訳して、視覚障害者の方々の読書・学習などのお手伝いをしております。現在勉強中の3名も含め13名で活動中!

点字とは

点字は縦3点、横2点の6点の組み合わせで構成され、その6つの点の組み合わせで、様々な文字や記号を表すことができます。今では世界各国で、視覚障害者の最も有効な文字として広く用いられています。

活動内容1 点訳作業

作業は点訳ソフトウェアをダウンロードした自宅のパソコンで、参考書・模擬試験問題・小説など点訳作成しています。依頼主は日本点字図書館・ロゴス点字図書館など様々です。
まず、担当者は原本を受け取ると、メンバーにページを配分し、納品日に合わせて細かな日程を立てます。また、活動日には、視覚障害者にとって読みやすいレイアウトを念頭にメンバーの知恵を出し合い、書式の工夫を話し合います。
点訳したものは、原文と照合しながら文字の誤りや抜けなどの間違いがないかを分担した箇所ごとに少なくとも3人で相互にチエックして納品いたします。
メンバー全員の手で作り上げた一つの作品ですから、納品完了時の達成感はひとしおです。
現在は、宮代会館での活動は中止しておりますが、都合を合わせ自宅でのオンラインミィーテイングを開いております。

パソコンに入力したデータは、点字プリンターにかけると、点字用紙に凸点字で打ち出されます
凸の中央部の高さは約0.3~0.5mm位です

下はパソコンでの点訳画面

活動内容2 宮代祭への参加

このような活動を同窓生に広く知っていただくため、宮代祭では、点字の名刺作りやミニゲームなどを企画したり、また点字タイプライターやパソコン、サークルで作製した点字絵本などを展示して自由に触れていただけるように準備したりして、楽しく点字を体験していただいております。

活動内容3 点字指導

毎年聖心女子学院8年生を対象に「総合」の授業の一環として基本的な点字を学ぶ授業を行っております。
秋に週1回ずつ4回の授業で、簡単な点字を読んだり、点字器を使って点字を打ったりすることができるようになります。 最後の授業では、総仕上げとして点字のオリジナル名刺作りに挑戦します。

<2011年の授業風景>限られた時間ですのでメンバーのサポートも欠かせません

<2020年の授業の準備>コロナ禍でも徹底対策をして授業を行いました

活動を始めたい方々に

点字を始めたい方には、サークルから点字タイプライターを貸し出し、その際、英語点訳のマニュアルをお渡ししますので、ご自宅やサークル日の来館で、勉強していただきます。
点字タイプライターは、キーを押すと点字用紙に凸の点字が打ち出される仕組みで、一見英文タイプライターと似ていますが、点字専用なのでキーは6つしかありません。
ガチャガチャという音に慣れたころに、次はパソコンでの練習に代わります。全てご自分のペースで勉強は進められますし、お一人お一人に担当者が付き細かく指導いたしますのでご安心ください。

さあ、これで準備万端です!憧れの点字が学べます

活動日程

********************************************


活動日:第1・第3火曜日 10:30~12:30(祝日・8月休み)
場 所:宮代会館(只今、宮代会館での活動は休止しております)
代 表:渡邊知子(34)


********************************************

点字にご興味を持たれた方、以前点字(日本語・英語問わず)をかじったことがある方もサークルで活かせるようにご相談させていただきます。
点字タイプライター・テキストは、宮代会館でお渡し可能です。
回生は問いません。
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

友愛セール


水曜日は「友愛セールの日」です!

お若い宮代会員は、ウイークデイは、お仕事でしょうが、昔から、水曜日は「友愛セール」の日でした。
ですから、フルタイムでお仕事をなさっていた方々も、お仕事をやめられたら、一度「友愛セール」の現場をご覧になってください。
家庭で心配ごとがあっても、同級生や上級生、下級生と、わいわいがやがややっていますとすべて忘れられて、「ミニ同窓会」のようです。

この「友愛セール」は、起源は古く、マザー・ブリットの時代からあるそうで、我々はそれを誇りに思っています。
又、昔は、「友愛セール」の中で「うちの娘はどうかしら?」というように、まとまったご縁談も少なくなかったそうです。

もともとかなりお高かった品も、ここでは「友愛価格」といって、それこそ10円単位で値付けをします。ですから、「友愛セール」で1000円以上の品は多くありません。
もう使わないが、「捨てられないもの」はありますよね。
「捨てる神」あれば「拾う神あり」で、自分には不要なものも、他の方には必要かもしれませんよ。

このように、長く続いた「友愛セール」も、時代の変化で、そろそろ岐路にたっております。
①今は、ネットで何でも売れます。又、冠婚葬祭が減ったうえに、引き出物がカタログで選べて、いわゆる「たんすの肥やし」がさすがになくなってきました。
従って、「献品」が圧倒的に減り、それにつれて「良い物」も減っています。
昔は、「月4回」どこかのグループが、「献品」の整理をして、セールで売る為に値付けをしていましたが、「月3回以下」で済むようになりました。
②奇数月、第3水曜日の「友愛セール」へのお客様も、従来は宮代会員も来ましたが、ここ数年は約20数名の同じ外部の方しか見えず、従来午後2時まで開いておりましたセールも、午後1時前には、品物の整理を始められます。この常連のお客様が、いつまでお見えになるかが問題と思われます。

説明
卒業生から寄付された新品及び中古衣類・雑貨(アクセサリー・バッグ・靴・食器・文具等)・贈答品の整理(仕分け・値付け)と販売をいたします。
・セール日
原則奇数月第3水曜日 11:00~13:00
(新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、変更・中止となることがあります。)
・整理、値付けの日
大体、月3回ほど、各グループにお願いしております。(10:30~12:00)

・お願い
冬物は秋以降に、夏物は春以降に。
中古衣料は洗濯済みで、使用可能なものを。
背広・本・旅行鞄などの大型雑貨・生もの・電化製品はご遠慮ください。
山谷マック等の福祉施設にも寄付しております。

・現在5グループ、72名が活動中!
あなたもいかがですか?
飯田 光子(Fグループ)(2022/3/31まで)

拡大写本


拡大写本とは

通常の文字を読むことが困難な方のために、既存の本を読みやすい大きな文字に書き直した本です。

製作工程

①墨田区立ひきふね図書館より依頼された本を何人かのメンバーで分ける。 (現在は、高田郁『あきない世傳 金と銀』シリーズ)
②自宅のPCのWordを使い、指定のテンプレートに原本の文章を入力する。
③入力したファイルを他のメンバーにメールで送り、校正の作業をする。
④数回の校正の後ファイルをプリントアウトし、例会に原稿を持参する。
⑤持ち寄った原稿に表紙、目次、あとづけなどをセットして製本グループへ。

現在、10回生から60回生までの17名で活動しています。
例会は年に6回、奇数月の第2火曜日10時30分から正午までです。

拡大図書製本


拡大製本の手順

①字の書いてある面を中にして、きっちりと紙を折る。折り曲げ数回強く押す。
②輪の方を揃えて、クリップでとめボンドで固める。強力なクリップではさみ、しばらく乾かす。
③字の書いていないページにうすく溶いた糊で貼る。
④表紙は、大き目にカットした紙を使い、中央に背を決める。
⑤まわりを切り落とし、タイトルを貼る。
うすい文庫本でも、1冊が何分冊にもなります。リクエストに応じて作ります。

活動日は 毎月第2火曜日の10時半からです。

縫製


こんにちは!縫製グループです。
縫製と聞くと大変難しい針仕事を想像なさる方々も多いのでは〜。 
まずは活動内容のご紹介をいたします。
宮代会会員有志が集まり、山谷のホームレースの人々の支援でトランクスを作成してましたが、2005年に宮代会より卒業ベアのガウン作成を依頼されガウン作成を始めました。布地の買い出し、型紙を作ってからの裁断。しつけ班とミシン班に分かれての作業。カラー部分には赤、白のバイヤスを付け、ガウン本体と合わせて出来上がり。最近は卒業生の名前入り卒業証書も作成。
着衣戴帽式という日にキャップグループの皆様が心をこめてお作り下さったキャップをかぶり、ガウンを着たベア達は私達の手元から離れ、卒業生の方々の元へと〜。
嬉しさもありますが、ちょっぴり寂しさも感じる日です。
毎年、4月から3月まで縫製グループはこのような活動をしております。
コロナ禍の折、活動回数は昨年、今年は減りましたが、コロナ感染が収束しましたら例年通りの活動を再開したいと思います。
ミシンや針仕事は苦手!と言う方々もお互いにサポートしあい作業を進めております。手を動かしながらの卒業生ならではの楽しいトークもあり、楽しいひと時を過ごしております。
グループ一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

活動場所 宮代会館
毎月第1木曜日
10時半〜16時。
8月はお休み。
尚、山谷ホームレース支援作業については現在休止中。

ちりつも貯金


毎月第1金曜日10時半〜12時半、宮代会員より送っていただいた使用済切手のトリミングを行い、業者さんに買い取ってもらっています。メンバーは、20回生から37回生まで、ご自宅作業メンバー3名を含め、総勢20名です。
日本、外国問わずカラフルでバラエティに富んだ切手は見ていても楽しく、1枚1枚手作業なので時間はかかりますが、「ちりもつもれば…」の気持ちで、和やかにお喋りしながら活動をしています。
最近は切手を貼って郵送する機会も減り、以前ほど使用済切手が集まらなくなってきました。もしみなさまの周りに捨てられてしまうだけの使用済切手がありましたら、どうぞ「ちりつも貯金グループ」までお送りください!