点訳サークル(宮代会 福祉グループ)

********************************************


点訳サークルは、諸先輩の方々の熱意を受け継ぎ、
1954年から活動を続けております


********************************************

私たちのサークルでは、活字を点字に置き換える「点訳」を行うことで依頼された書籍の内容をできるだけ忠実に点訳して、視覚障害者の方々の読書・学習などのお手伝いをしております。現在勉強中の3名も含め13名で活動中!

点字とは

点字は縦3点、横2点の6点の組み合わせで構成され、その6つの点の組み合わせで、様々な文字や記号を表すことができます。今では世界各国で、視覚障害者の最も有効な文字として広く用いられています。

活動内容1 点訳作業

作業は点訳ソフトウェアをダウンロードした自宅のパソコンで、参考書・模擬試験問題・小説など点訳作成しています。依頼主は日本点字図書館・ロゴス点字図書館など様々です。
まず、担当者は原本を受け取ると、メンバーにページを配分し、納品日に合わせて細かな日程を立てます。また、活動日には、視覚障害者にとって読みやすいレイアウトを念頭にメンバーの知恵を出し合い、書式の工夫を話し合います。
点訳したものは、原文と照合しながら文字の誤りや抜けなどの間違いがないかを分担した箇所ごとに少なくとも3人で相互にチェックして納品いたします。
メンバー全員の手で作り上げた一つの作品ですから、納品完了時の達成感はひとしおです。
2021年度は、宮代会館での活動は中止しておりますが、都合を合わせ自宅でのオンラインミィーテイングを開いております。

パソコンに入力したデータは、点字プリンターにかけると、点字用紙に凸点字で打ち出されます
凸の中央部の高さは約0.3~0.5mm位です

下はパソコンでの点訳画面

活動内容2 宮代祭への参加

このような活動を同窓生に広く知っていただくため、宮代祭では、点字の名刺作りやミニゲームなどを企画したり、また点字タイプライターやパソコン、サークルで作製した点字絵本などを展示して自由に触れていただけるように準備したりして、楽しく点字を体験していただいております。

活動内容3 点字指導

毎年聖心女子学院8年生を対象に「総合」の授業の一環として基本的な点字を学ぶ授業を行っております。
秋に週1回ずつ4回の授業で、簡単な点字を読んだり、点字器を使って点字を打ったりすることができるようになります。 最後の授業では、点字のオリジナル名刺作りに挑戦します。

<2020年の授業の準備>コロナ禍でも徹底対策をして授業を行いました

活動を始めたい方々に

点字を始めたい方には、サークルから点字タイプライターを貸し出し、その際、英語点訳のマニュアルをお渡ししますので、ご自宅やサークル日の来館で、勉強していただきます。
点字タイプライターは、キーを押すと点字用紙に凸の点字が打ち出される仕組みで、一見英文タイプライターと似ていますが、点字専用なのでキーは6つしかありません。
ガチャガチャという音に慣れたころに、次はパソコンでの練習に代わります。全てご自分のペースで勉強は進められますし、お一人お一人に担当者が付き細かく指導いたしますのでご安心ください。

さあ、これで準備万端です!憧れの点字が学べます

活動日程

********************************************


活動日:第1・第3火曜日 10:30~12:30(祝日・8月休み)
場 所:宮代会館(場合によりオンラインミーティング)


********************************************

点字にご興味を持たれた方、以前点字(日本語・英語問わず)をかじったことがある方もサークルで活かせるようにご相談させていただきます。
点字タイプライター・テキストは、宮代会館でお渡し可能です。
回生は問いません。
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

お問合せは福祉理事へ
miyafkriji@u-sacred-heart.ac.jp